特徴

日持ち向上剤とは、主に食品の保存性を短期間高める目的で使用されます。
一方保存料は長期間における腐敗、変敗の防止に使われます。
また、使用可能食品及び添加物表示のルール等が異なります。

  • どの食品にも使用して良く、使用量に制限が無い(日持ち向上剤)

  • 表示は物質名のみ(日持ち向上剤)

  • 力価が高く少量の使用で効果が得られる為、風味への影響が少ない(保存 料)

  • 「保存料(物質名)」で表示(保存料)

保存料・日持ち向上剤 特徴比較

  抗菌性 添加量 風味への影響 対象食品 食品への表示
保存料 物質毎に固有 保存料
(物質名)
日持ち向上剤 制限無し 物質名