最高の技術で、お客様のご要望にお応えします。

日々変化する市場ニーズに応え、食品分野の新製品を企画提案いたします。
甘味料・品質改良剤・調味料・日持ち向上剤などの添加物製剤に加え、液体調味料や乾燥スープ(2002年8月JAS認定工場取得)、健康食品の企画・開発など、食に関するお客様のご要望は多様です。
先進の設備と充実した環境のもと、この分野で培ってきた技術力を最大限に活かした提案をすべく、研究開発を進めています。

業務内容

  • 食品添加物製剤開発

    食品添加物製剤開発

    甘味料製剤を中心に、日持ち向上剤製剤、増粘多糖類製剤等の製剤開発を行っています。

  • 食品添加物応用開発

    食品添加物応用開発

    食品添加物製剤の食品への用途開発を行っています。お客様の商品コンセプトに最適な食品添加物製剤の開発を行っています。

  • 調味素材開発

    調味素材開発

    お客様のご要望に沿った調味料(粉末・液体)の開発を行っています。

  • OEM商品開発

    OEM商品開発

    粉末製品を中心に、粉末飲料や粉末スープ等の製品開発を行っています。

事例

  • 例)V.B1-100 BG

    例)V.B1-100 BG

    チアミンラウリル硫酸塩(ビタミンB1)は日持ち向上剤として広く利用されています。その反面、溶解が非常に遅いことから度々作業性の悪さが指摘されています。当社にて開発した「V.B1-100 BG」は、即溶性のチアミンラウリル硫酸塩です。製造方法を改良することにより、良好な流動性と非常に早い溶解性を付与することに成功しました。

  • 例)プレジロンSU-5

    例)プレジロンSU-5

    スクラロースは甘味度が砂糖の約600倍であり、僅かな計量誤差が致命的な差になってしまいます。「プレジロンSU-5」は甘味度を30倍に調整したスクラロース製剤であり、使い勝手の良い製剤となっております。さらに流動層造粒を行うことで粉立ちを防止し、優れた流動性を付与することで良好な作業性を有します。

  • 例)プレジロンDX

    例)プレジロンDX

    高甘味度甘味料はそれぞれ特徴的な甘味質を有しており、組み合わせることで多彩な甘味を再現することが出来ます。「プレジロンDX」は、スクラロース、アセスルファムK、ネオテームを併用することで砂糖に近い甘味に加えて、コク味を強化した甘味料製剤です。乳飲料やデザートに適した、コクや濃厚感のある甘味を付与します。

受注の流れ

  1. STEP

    問い合わせ

    お客様のご要望を伺います。
    例) 新商品のミルクコーヒーに最適な甘味料を使用したい。

  2. STEP

    提案

    お客様のご要望に応じて、最適な製剤提案を行います。
    例) 甘味料の選択によるコーヒー風味の増強、乳感の向上等、多様なコンセプトの提案を行います。

  3. STEP

    改良

    お客様のご要望に応えられるよう、繰り返し改良を行います。

  4. STEP

    ラインテスト

    実際の製造ラインにて製造を行い、製造上の問題が発生しないか確認を行います。

  5. STEP

    納品

    当社品質規格に準拠した製品を製造し、お客様へ出荷・納品致します。